第5回 南のシナリオ大賞 一次審査通過作品

日本放送作家協会 九州支部

Twitter メールフォーム 日本放送作家協会九州支部
日本放送作家協会 九州支部

第5回南のシナリオ大賞 一次審査通過作品

作品内容および一次審査員の寸評(応募順)

「敵艦見えず」
終戦末期、特攻にいく3人。しかし、途中でグラマンに待ち受けされて、特攻せずに終わる。それで、命が助かる。
戦時の状況を再現したドキュメントとして興味深い内容だが、昭和40年の回想として書かれた作者の意図が分からない。

「ちゞみ 夜空に咲く向日葵のように」
花火大会に行く女の子の着物を選んでいると、その中にかつて小倉の名産品だった小倉縮があった。
設定としては面白いし、ドラマ性はあるものの、説明に終始している。もったいないとしか言いようがない。

「十八歳の稜線」
大学受験に失敗した男は、予備校への入学申請を出さずに、ブラブラしていた。暇な男は宮崎で牛を飼う仕事に付かされる。
タイムリーは、タイムリーだが(口蹄疫)しかし、ドラマは、説教調で、面白さはない。先が読めてしまう展開になっている。

「出来心」
退職1か月前の男は、現金輸送車を乗っ取る行為に出た。逃走の途中、中学生に逢ったりして、なんとか元の鞘に収まる。
どっかであった事件が基礎になっている。とはいえ、最後まで読ませてしまう。

「南の神の島」
主人公は、大学卒業前の男。霊感があることから、南の島のユタを訪ねることにした。
ユタを訪ねる設定は面白いと思うが、ストーリーにリスナーを惹きつける魅力がない。テーマも曖昧で、作者の意図が伝わってこない。

「行き先のないバス」
天国行きのバスにのる話。
書き方は完成されている。読ませる力はあるが天国行きのバスに乗る話はいささかありきたり。

「タクシーカウンセラー」
娘に死なれた沖縄のタクシー運転手と半端ツーリストの心の交流。
明るく温かい。細かな仕掛けが生きている。

「夕日を追いかけて 黄昏のビートルズ」
定年前日と当日の夫婦のドラマ。夕日の博多へ帰郷する。ビートルズが待っている。
定番ドラマだがそれなりに泣かせる部分がある。わかりやすい。

「屋根裏のカボス蜜」
東京で勤める女性が初盆で大分の実家に帰郷した。実家で繰り広げられる家内のごたごたを通して郷里の思い出に抱かれる。
それなりに説得力ある帰郷ドラマだがラストが定番。設定が少々煩雑。

「おばあちゃんのほっぺ」
日南で孤独に生きる老女の話。
老女の生きるさびしさをたくみに描いた。スタイルも新しい。Nでかたずけている部分があるのが玉に瑕。

「八月九日 小倉上空」
原爆搭載のB29を迎撃するために小倉基地を飛び立った日本軍兵士たちの物語。
戦争に詳しい人たちには興味のあるストーリーだが、ドラマ自体に新味はなく、多くの人の心をとらえるかどうか。

「泣こかい、飛ぼかい、泣こよかひっ飛べ」
東京からの転校生が鹿児島でイジメにあうが、祖父から父の話を聞き、敢然とイジメに立ち向かう。
エンド近くまでは読ませるがラストが不完全。

「夏休みの話」
小学六年生の少年が、夏休みの思い出作りに一人旅に出るが、自分の就活を有利にしようとする女子大生に利用される。
着想・構成はおもしろい。登場人物がもっと濃いとよい。

「写真の記憶」
写真屋さんの両親と娘の話。写真屋が嫌いな娘だが、訪れる客と写真について語る父親を見て理解していく。
ドラマが描かれている。仕掛けも効いている。

「福岡発最終便」
夫や姑、小姑の目を気にしながら息子の卒業式に出かける妻。息子から夫の優しさを。
夫と妻の立場の違いと内心が描かれている。最後も安心させられる。

「海のある町」
柳川に婚約者を連れて帰ってきた男。婚約者は海辺の町と聞いて、白砂青松を期待していたが有明海は泥の海。しかし周りのみんなの良さに街を好きになっていく。
テーマがテーマになりえないものだったように思います。

「西から吹く優しい風」
結婚を控えたOLと旅に出た同僚。偶然の旅先は、実は両親が離婚する前、幼いころに住んでいた町だった。
展開も今風で、軽やかな筆致。まさしく優しい風を感じる。

「ハイビスカス・ホテル」
年上で40近い妻は、旅先でも子作りのことばかり。年下の夫はうんざり。台風に遭った夫からのプレゼントで目覚める妻。
妻の思いは伝わる。こういうホテルがあるといいと思う。

「わたしと庭師とほだし」
キャリアウーマンの娘が帰省した折に、庭師のおじいさんから教訓じみた話を聞き、仕事に悩む自身に重ね合わせ、少し解決。
話は考えられている。ただ展開がストレート過ぎる。

「カメラシャイ」
写真嫌いの祖母が亡くなった。祖母の面影を探して、主人公の女の子は祖父と長崎へ。祖母の笑顔を奪ったのは原爆だった。
物語の切り口も良いし、運びも巧い。効果音の使い方も適切。主人公のNがいい。朴訥な祖父のキャラクターもいい。個々のセリフも生きている。祖母の笑顔を発見した時の感動がもう少し押してあれば満点だった。

「百年の砂虫」
鹿児島・指宿温泉(いぶすきおんせん)の砂蒸しを昆虫(砂虫)と取り違えた少年が、アトピー治療と言って妹を公園の砂場に埋めようとする。そこへ近所に住む寅爺が通りかかって……
老人の珍講釈が古典落語の彌次郎噺みたいで楽しいし、少年の妹を思う気持ちもいい。最後の老人の独り語りもしみじみ味わい深い。独居老人と少年の組み合わせは黄金のパターン。前半と後半で主人公が交代し、全体の構成は歪だが好感が持てる作品。

「星と船のアクアリウム」
種子島に漂着したメッセージボトルに入っていたのは、宇宙開発の夢を記録したビデオカセットだった。宇宙工学を専攻する少年とアメリカ人宇宙飛行士との友情。
無理のない素直なモノローグが爽やか。作者はアニメ映画「秒速5センチメートル」のファンか? 主人公と元宇宙飛行士の葛藤場面もくど過ぎず上出来。

第14回 南のシナリオ大賞 応募要項
第13回 南のシナリオ大賞 審査結果
第12回 南のシナリオ大賞 審査結果
第11回 南のシナリオ大賞 審査結果
第10回 南のシナリオ大賞 審査結果
第9回 南のシナリオ大賞 審査結果
第8回 南のシナリオ大賞 審査結果
第7回 南のシナリオ大賞 審査結果
第6回 南のシナリオ大賞 審査結果
第5回 南のシナリオ大賞 審査結果
第4回 南のシナリオ大賞 審査結果
第3回 南のシナリオ大賞 審査結果
第2回 南のシナリオ大賞 審査結果
第1回 南のシナリオ大賞 審査結果

第13回受賞シナリオ [PDF形式]

大賞  「はるしぐれ」
優秀賞 「沼子の人生」
優秀賞 「パラダイス・ロスト」
優秀賞 「さらさら願い」
ページのトップに戻ります
放作協九州支部 トップページ南のシナリオ大賞第5回 南のシナリオ大賞 一次審査通過作品