香月隆のシェークスピア研究論文

日本放送作家協会 九州支部

Twitter メールフォーム 日本放送作家協会九州支部
日本放送作家協会 九州支部

香月隆のシェークスピア研究論文

2019年6月10日

日本放送作家協会九州支部会員・香月隆氏によるシェークスピア研究論文が、学会誌にて公開されました。

シェークスピア作「ハムレット」における“感動シーンの時間的配分”に関する研究
執筆・香月 隆(日本放送作家協会、日本脚本家連盟)
協力・江口 香奈子(日本放送作家協会)
   長谷部 楓(日本放送作家協会)
   麻生 啓太(日本放送作家協会)

香月隆氏のシェークスピア研究論文

掲載誌・日本時間学会 学会誌第9号

Web公開
J−STAGE(国立研究開発法人科学技術振興機構論文集)
https://www.jstage.jst.go.jp/article/timestudies/9/0/9_29/_article/-char/ja/

前のページに戻ります ページのトップに戻ります
放作協九州支部 トップページ九州支部情報香月隆のシェークスピア研究論文