高校放送部が制作したラジオ番組を紹介しています

3610

高校放送部制作のラジオ番組紹介 日本放送作家協会九州支部 Twitter

2019年04月10日

そんなに手軽で大丈夫?
福岡県立春日高等学校

H.25年9月3日 KBCラジオで放送

福岡県立春日高等学校「そんなに手軽で大丈夫?」MP3 MP3形式サウンドファイル
6.4MB
06分59秒


閲覧中のシステム環境により、既定のメディアプレーヤーで再生、または音声ファイルがダウンロードされます。

【あらすじ】 とある進学校で、生徒の学力の伸び悩みを理由に、テストで教科書とノートの持ち込みが許可されることになる。友菜はテストがお手軽になるとよろんだ。やがて体育祭の時期がやってきた。ダンス長に任された友菜はテストと同じように創作ダンスもお手軽に作ってしまう。それは去年作ったダンスを元にして、少しだけ改変したものだった。果たして、ダンスは形だけで中身のないものとなってしまい、失敗に終わってしまった。友菜はこの失敗で努力をすることの大切さに気付き、テストに教科書やノートを持ちこまないで臨むことにした。

【講評】 日本放送作家協会九州支部 香月 隆

なかなか深いテーマを盛り込んだ作品でしたね。
「お手軽な」ことを喜びがちな私たちへの反省をこめて作品が作られていました。
人類は「便利さ」を求めて文明の歴史を積み重ねてきました。でも「より便利に」ということを追求するあまり、心を忘れてしまってはいけませんよ、というのが、この作品に込められたメッセージでしたね。テストで手軽に物事をこなすことを覚えてしまった友菜は体育祭で心のこもらない創作ダンスを作り、大失敗させてしまいます。そこで友菜は大反省。教科書の力を借りずにテストを自分の力で臨むという展開は説得力がありました。その姿を見た友人の里美はさてどうするのか、とうところでドラマは終わりますが、それはそのまま視聴者への問いかけとなっていて、秀逸な締め方だと思いました。

new content

ラジドラ学園アーカイブス
「おっきーのラジドラ学園」
アーカイブス 

information
全国の高校放送部のみなさんへ

全国の高校放送部で制作されたラジオ番組を紹介しています。
こちらのサイトに作品の掲載を希望される方は、下記のメールフォームよりお問い合わせください。

日本放送作家協会九州支部 香月隆

メールフォーム 前のページに戻ります ページのトップに戻ります